AEDを設置しなければならない場所ランキング

AED設置場所

AEDは、人の集まり具合や施設の用途によって、設置の必要度が違います。設置の必要性が高い施設は次のようなところです。

 

場合によっては、個人で購入する人もいますが、こうした施設は設置が推奨されており、実際に設置されているところがほとんどです。

続きを読む

AED購入リース3つの注意点

ポイント

一般人のAED使用が認められるようになって10年、徐々にAEDの普及が進み、駅や人の集まる施設などでも見かけるようになりました。未だ義務化されてはいないものの自社に設置する企業も増えてきており、緊急事態に対処することへの認識が高まっているのは褒めるべきことと言えるでしょう。

ただ、普及に伴ってAEDの価格も徐々に下がってきているとはいえ、まだまだ安い買い物とは言えないため、経理面から導入を見合わせている企業も少なくありません。

加えてAEDには耐用年数、つまり寿命があり、これが大体7年程度と言われていることから、購入しても7年程度で壊れてしまうことを考えると、購入ではなくリースで導入した方が良いのではないかという意見もあります。

確かに初期費用がかからず希望する機種を新品で利用できるのがリースの良いところですが、AEDをリースするにあたっては、幾つかの注意点を考慮しなければなりません。

続きを読む

AEDレンタルと購入価格の相場について

AED購入価格相場

比較的安くなってきているとは言え、今のところまだまだ高価な買い物と言わざるを得ないAED。

費用を抑える方法としてレンタルを利用するという考え方もありますが、これは耐用期間いっぱいいっぱいまで使うことを前提に購入する場合と比較すると、実はレンタルの方が高くついてしまうため、長期的に見て安くあげたいならレンタルはあまりお勧めできません

このページでは、AEDレンタルと購入価格の相場について確認していきましょう。

続きを読む

AED(自動体外式除細動器)の蘇生率と時間

AED生存率

2012年の統計では、病院以外で突然の心停止によって死亡した件数は6万8000件以上。これは交通事故による死亡件数の15倍以上とも言われています。これら心停止の多くは心室が痙攣を起こし血液を体へ送り出すことができなくなる「心室細動」という不整脈で、このような状態から電気ショックによって正常なリズムに戻すためにできる応急処置として、近年消化器と同じように街中の様々な場所に設置されるようになったのが、AEDです。

では実際、心室細動を引き起こした患者に対し、AEDを使用することでどの程度その命を救うことができるのでしょうか。

続きを読む

AED購入リースのメリット・デメリット

AED設置場所

AEDを導入するにあたっては、器械を直接購入する方法の他に、レンタルやリースという方法もあります。一般にレンタルは短期間、リースは長期間の貸出契約と考えられており、リースはレンタルの延長という位置づけで認識されていることが多いようですが、実際には全く異なる契約です。

このページでは購入リースのメリット・デメリットを確認してきます。

続きを読む

自動体外式除細動器業務従事者とは

従事者

非医療従事者である一般市民が、心室細動状態に陥っている患者に対し応急処置を行えるようにと設置されているのがAED(自動体外式除細動器)。

そのため一般人が扱えるように、使用方法は非常に簡単に作られているのですが、それでも人が心停止で倒れているという1分1秒を争う時には発見者もパニック状態になりやすいものですから、予めAEDの使用方法を含めた応急処置の仕方に関する講習を受けておく方が良いでしょう。

このため各自治体の消防局では市民を対象に救命講習会を開催したり、あるいはAEDを販売するメーカーなどでは購入者を対象にAEDの講習会を提供したりしています。

続きを読む

AED(自動体外式除細動器)の必要性

AED必要性

AEDとは「Automated External Defibrillator」の略で、日本語では「自動体外式除細動器」と呼ばれます。

この名称から分かるとおり、心肺停止状態の中でも特に「心室細動」状態になっているものに対し、その細動を取り除くことを目的とした医療機器で、現在日本でもあらゆるところで設置されているのを見かけるようになりました。しかしこの「心室細動」を取り除く器械が、何故これほど必要とされているのでしょうか。

AED(自動体外式除細動器)の必要性について記載しているページです。

続きを読む

AED(自動体外式除細動器)の日本国内普及情報

AED設置場所

一般市民のAEDの使用が認められた2004年の時点では、AEDの設置台数は全国で約7000台足らず、しかもそのうち6000台は医療機関や消防機関に設置されたもので、一般市民が使用するPADはわずか1000台あまりという状況でした。

しかしその後AEDに対する認識は急速に深まり、2012年の段階でAEDの累計台数は44万7818台、そのうちPADが35万2087台、医療機関が8万3417台、消防機関が1万2314台と、世界でもトップクラスの普及率を誇るようになりました。特に学校への普及が目覚しく、調査によると1台以上のAEDを配置している小学校の割合は98.5%、中学校では99.5%、高校で99.4%となっています。

【PADとは】
(Public Access Defibrillation)の頭文字で、日本語で言うと『一般市民による徐細動』という一連の行為
※非医療従事者(一般の方)が、医師や救急隊など専門家到着前に心停止傷病者に対しAEDを用い除細動を行うこと。

続きを読む

AED(自動体外式除細動器)の税金対策・節税対策について

AED節税対策

AEDを法人として購入する場合、費用を経費とすることで節税することができます。

レンタルやリースの場合、AEDの所有権はレンタル会社やリース会社にあるため、借り受けている側は「リース代」として経費に加算すれば良いだけですが、AEDを購入した場合には、10万円以上の器材となるため「設備」扱いになり、減価償却の対象になります。

単純にリース代を経費とする場合と比べるとやや複雑な減価償却ですが、これを行うことで税金対策に繋がりますから、是非活用してください。

節税対策にもなり、命も救えるかもしれない設備投資は経営にとっても有益ですね。詳しく説明していきます。

続きを読む

AED(自動体外式除細動器)の法律問題

AED法律問題

AEDの使用に当たって気になるのは、法律上の問題で「医師法第17条」の観点から、一般人のAED使用に対して疑問を持つ人もいるようです。

医師法第17条とは、「医師でなければ医業を行ってはならない」というもの。

AEDは電気ショックを用いた除細動という医療行為にあたるため、この法律から鑑みると医師免許を持たない一般人が行うと法律違反ということになります。これに対し、厚生労働省は2004年に「非医療従事者が救命の現場でAEDを使用することは医師法第17条に反しない」との通達を出しました。

これには、救命の場にたまたま居合わせた一般人が近くにあったAEDを使用して患者の命を救ったとしても、一般的に考えて同一人物がそのような事態に何度も立ち会い何度もAEDを使用するという可能性はまずないと判断できるため、医師法違反にならないとの考えから来ています。更に、人命救助のためにやむを得ず行った行為に対しては、医師法・刑事的・民事的責任いずれにおいても免責されると考えられます。

続きを読む