AEDを設置するための一般的な費用相場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
AEDガイドライン

AEDの導入を考えるにあたって一番気になるのが、かかる費用でしょう。

AEDが登場し始めた初期の頃の本体価格は100万円以上していましたが、現在ではその半額以下、機種にもよりますが大体30万円~60万円ほどが相場価格になっています。

中には70万円前後の高価なものもありますが、心電図を読み取り電気ショックを与えるという器械の基本動作は同じですから、耐用年数も考慮に入れればそれ程高額のものを購入する必要はないかもしれません。購入ではなくレンタルという方法もありますが、この場合機種は同じでもレンタル期間によって費用が異なります。一般に5~6年のレンタルであれば毎月5000~6000円、1日~数週間だけのレンタルであれば7000円程度になります。

AED購入時の見逃している落とし穴

AEDは、本体価格だけでなく、維持にかかるランニングコストについても考えておかなければなりません

AEDのランニングコストとは、主に消耗品である電極パッドとバッテリー。電極パッドは1度使用すれば使い回しが効かない使い捨てですが、例え使用しなくても使用期限が来れば交換しなければなりません。

 

電極パッドは2年程度で交換

電極パッドの使用期限は大抵の場合2年程度で、交換用電極パッドの値段もマチマチですが、1枚1万円前後、2枚1組ですから1回の交換に2万円前後かかることになります。バッテリーに関しても、寿命は大体5年程度。交換用バッテリーはおよそ3万~4万円程度です。それで電極パッドとバッテリーを期限いっぱいいっぱいまで使ったとして、5年間にかかるランニングコストは電極パッド2万円×2回+3万円=7万円となりますが、これは自社で維持管理した場合。

AEDの販売店によっては定期的な点検を請け負ってくれるところもありますが、その場合点検日に無条件で電極パッドやバッテリーを交換するというところもあり、大抵使用期限より早く交換することになります。

 

レンタルは手間がかからないが現時点ではコスト高に

一方レンタルの場合、月々のレンタル料金の中に消耗品の交換代も含まれているため、基本的にランニングコストは発生しません。購入と比較した場合、レンタルは長期的に見て割高になりますが、その分手間がかからないのがメリットになります。

そして本体価格、ランニングコストの他に考えなければならないのは、器械の耐用年数です。AEDの法定耐用年数は4年とされていますが、実際には7年程度は持つはずです。ただしこれも機種によって違いがある為、この点も確かめておく必要があるでしょう。

 

特に購入の場合、器械の寿命が来たならまた新たに購入しなければなりませんから、何年間設置するつもりなのかも考慮に入れて検討してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

AED導入企業数700社突破!見積り満足度97%

AEDを低価格で安心したものを購入したい!

AEDを低価格で買いたい、見積りがすぐ欲しい長く付き合える会社から買いたい・・・という方へ

株式会社クオリティーは顧客至上主義を掲げ、"お客様のため"を第一に考えてAEDをインターネットで販売中!

見えない距離を縮めるために、お客様の声を真摯に受け止め、サービスを改善し続けることが大切です。AEDの導入の先にある「お客様の笑顔を守りたい」。大それた言い方かもしれませんが、お客様1人1人、AED1台1台にまごころを込めて、これからもサービス向上に努めています。「見積り満足度97%」「充実のアフターサポート」「即日発送・送料無料」「5年間保証」「お見積り・即日発行」

価格と親切対応で選ばれています。導入企業数700社突破!!

無料見積もり・資料請求

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*