AED購入とレンタルをコスパで比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
レンタルと購入を比較

一般に、一時的な利用であればレンタル、長期にわたる利用であれば購入が良いと考えられますが、ことAEDに関しては、単なる本体価格とレンタル価格の比較だけでは判断できない場合があります。

このページではAEDの購入とレンタルを金額面から比較しています。

・AEDの購入とレンタルを比較
・結局AEDのレンタルと購入どっちがいい

など具体的に掲載していきます。

AEDの購入とレンタルを比較

5年間の費用 7年間の費用 計上方法 資産価値
AED購入 約390,000円 約404,000万 減価償却 あり
AEDレンタル 約338,000円 約465,200円 毎月の経費 なし

5年間と7年間でAEDにかかるトータル費用を、購入の場合とレンタルの場合で比較してみましょう。

 

購入した場合の5年間の費用費用計算

AED本体価格34万円を購入した場合、消耗品であるバッテリーの交換に3万6000円、電極パッドの交換に1万4000円かかったとして、5年後のトータル費用は39万円。

 

レンタルした場合の5年間の費用費用計算

一方レンタルの健さんをしてみましょう。月々5300円でAEDをレンタルする場合は、消耗品などのランニングコストはレンタル会社持ちと考えて、最初の保証金2万円を合わせて5年間のトータルコストは5300円×12ヶ月×5年+2万円で、33万8000円。この時点では、レンタルの方が5万2000円安いことになります。

 

購入した場合の7年間の費用費用計算

同じ条件で7年間使用した場合を比較してみます。まず購入の場合、5年後のトータル費用39万円に、更に電極パッドの交換が必要になったと考えて、7年後の費用は、39万円+1万4000円=40万4000円。

AEDを購入し、7年間使用した場合はこのような形ですね。

 

レンタルした場合の7年間の費用費用計算

一方レンタルの場合は、5年間のトータル費用に更に2年間のレンタル費用が加算されるとして、33万8000円+5300円×12ヶ月×2年で、46万5200円となりますから、7年間同じ機種を使い続ければ購入の方が6万1200円安くなることになります。

 

結局AEDのレンタルと購入どっちがいい

これだけ見ると、やはり7年以上使うのであれば購入の方がお得に感じるかもしれませんが、ここで忘れてはならないのは、AEDには耐用年数があるということ。

大抵の場合どの機種も耐用年数は7年程とされています。つまり、使っても使わなくても7年経てばいつ壊れてもおかしくないということ。

 

10年間で見たAED購入の場合のコスト計算

では7年後に購入あるいはレンタル機種が壊れ、再購入・再レンタルしたと考えて、10年間のトータル費用を算出してみましょう。購入の場合、7年間までの費用は40万4000円、この後もう一度同じ機種を購入し、電極パッドを1度交換したとすると、10年間にかかった費用は40万4000円+34万円+1万4000円=75万8000円。

 

10年間で見たAEDレンタルの場合のコスト計算

一方レンタルの場合は7年後に同じ契約内容で新たにレンタルしなおしたとして、最初の7年間の費用46万5200円+(5300円×12ヶ月×3年間+2万円)=67万6000円、この時点では、またレンタルの方が8万2000円安くなる計算になりますね。ただ、この後機種が壊れるまで使い続ければ再び購入の場合の方が安くなる・・・と繰り返されていきます。

 

費用の面だけみても、一概に「こちらの方がお得」とは断言できないようですね。購入の場合、見積もりによってかなり安くなる場合が多いので、まずは見積もりから始めてみることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

AED導入企業数700社突破!見積り満足度97%

AEDを低価格で安心したものを購入したい!

AEDを低価格で買いたい、見積りがすぐ欲しい長く付き合える会社から買いたい・・・という方へ

株式会社クオリティーは顧客至上主義を掲げ、"お客様のため"を第一に考えてAEDをインターネットで販売中!

見えない距離を縮めるために、お客様の声を真摯に受け止め、サービスを改善し続けることが大切です。AEDの導入の先にある「お客様の笑顔を守りたい」。大それた言い方かもしれませんが、お客様1人1人、AED1台1台にまごころを込めて、これからもサービス向上に努めています。「見積り満足度97%」「充実のアフターサポート」「即日発送・送料無料」「5年間保証」「お見積り・即日発行」

価格と親切対応で選ばれています。導入企業数700社突破!!

無料見積もり・資料請求

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*