AEDの知識to

AEDを設置しなければならない場所ランキング

AED設置場所

AEDは、人の集まり具合や施設の用途によって、設置の必要度が違います。設置の必要性が高い施設は次のようなところです。

 

場合によっては、個人で購入する人もいますが、こうした施設は設置が推奨されており、実際に設置されているところがほとんどです。

続きを読む

AED(自動体外式除細動器)の蘇生率と時間

AED生存率

2012年の統計では、病院以外で突然の心停止によって死亡した件数は6万8000件以上。これは交通事故による死亡件数の15倍以上とも言われています。これら心停止の多くは心室が痙攣を起こし血液を体へ送り出すことができなくなる「心室細動」という不整脈で、このような状態から電気ショックによって正常なリズムに戻すためにできる応急処置として、近年消化器と同じように街中の様々な場所に設置されるようになったのが、AEDです。

では実際、心室細動を引き起こした患者に対し、AEDを使用することでどの程度その命を救うことができるのでしょうか。

続きを読む

自動体外式除細動器業務従事者とは

従事者

非医療従事者である一般市民が、心室細動状態に陥っている患者に対し応急処置を行えるようにと設置されているのがAED(自動体外式除細動器)。

そのため一般人が扱えるように、使用方法は非常に簡単に作られているのですが、それでも人が心停止で倒れているという1分1秒を争う時には発見者もパニック状態になりやすいものですから、予めAEDの使用方法を含めた応急処置の仕方に関する講習を受けておく方が良いでしょう。

このため各自治体の消防局では市民を対象に救命講習会を開催したり、あるいはAEDを販売するメーカーなどでは購入者を対象にAEDの講習会を提供したりしています。

続きを読む

AED(自動体外式除細動器)の必要性

AED必要性

AEDとは「Automated External Defibrillator」の略で、日本語では「自動体外式除細動器」と呼ばれます。

この名称から分かるとおり、心肺停止状態の中でも特に「心室細動」状態になっているものに対し、その細動を取り除くことを目的とした医療機器で、現在日本でもあらゆるところで設置されているのを見かけるようになりました。しかしこの「心室細動」を取り除く器械が、何故これほど必要とされているのでしょうか。

AED(自動体外式除細動器)の必要性について記載しているページです。

続きを読む

AED(自動体外式除細動器)の日本国内普及情報

AED設置場所

一般市民のAEDの使用が認められた2004年の時点では、AEDの設置台数は全国で約7000台足らず、しかもそのうち6000台は医療機関や消防機関に設置されたもので、一般市民が使用するPADはわずか1000台あまりという状況でした。

しかしその後AEDに対する認識は急速に深まり、2012年の段階でAEDの累計台数は44万7818台、そのうちPADが35万2087台、医療機関が8万3417台、消防機関が1万2314台と、世界でもトップクラスの普及率を誇るようになりました。特に学校への普及が目覚しく、調査によると1台以上のAEDを配置している小学校の割合は98.5%、中学校では99.5%、高校で99.4%となっています。

【PADとは】
(Public Access Defibrillation)の頭文字で、日本語で言うと『一般市民による徐細動』という一連の行為
※非医療従事者(一般の方)が、医師や救急隊など専門家到着前に心停止傷病者に対しAEDを用い除細動を行うこと。

続きを読む

AED(自動体外式除細動器)の一般的な耐久年数

AED設置場所

AEDに使用する電極パッドやバッテリーには使用期限があり、AED本体はこの使用期限が過ぎていないかなど、常に使用可能な状態であるかを判断する自動セルフテスト機能が搭載されています。

セルフテストによってバッテリの容量や電極パッドの接続などが診断され、その結果がインジケータなどに表示されますから、AEDの管理者はこのインジケーターを定期的に見ることで常にAEDを使用可能な状態に保っておくことができるわけです。

しかし、そんなAED本体にも使用期限があります。AEDを一度も使わなかったとしても、また管理者がメンテナンスを怠らず適切に管理していたとしても、他の器械と同様耐久年数があり、これを過ぎるとメーカーが製造した当時と同じ機能・性能や安全性・信頼性を維持できなくなってしまう、つまり壊れてしまう可能性があるのです。

AED本体にも使用期限があります。このページでは耐用年数・耐用期間について詳細を確認していきましょう。

続きを読む

AED(自動体外式除細動器)の使用率について

AED利用率

AEDの一般人による使用が認められるようになって10年以上が経過した現在、全国におけるAEDの設置台数は30万台以上、駅や公共の場所で多く見られるようになりました。このAEDの普及に伴って、突然の心肺停止による死亡率は大きく軽減されるかと思いきや、実は設置されていても実際に必要時に使用されていないという事実が浮かび上がってきました。

このページではAED(自動体外式除細動器)の使用率についてデータにて説明していきます。

続きを読む

AEDの設置基準について

設置場所

いつ、どこで突然起こるか分からない心臓発作などによる心停止。

これに備えてAEDを設置しておくことが勧められていますが、企業や家庭で個人的に設置するのであれば、社員や家族の全てがその設置場所と使い方について把握しておく必要があります。

ただ、AEDの設置に関しては法律によって設置基準が設けられているわけではなく、その建物や場所を管理する責任者の理解や予算によって、AEDが設置されているところもあればされていないところもあるのが現状です。

しかし、AEDによって貴重な人命が助かる可能性があることを考えると、今後厚生労働省などの行政機関が先頭に立ってAEDの普及に努め、計画的に設置場所に関する基準を設けていくことが求められるでしょう。

続きを読む

AEDの設置場所・登録申請について

AEDの設置場所

心筋梗塞などで倒れた患者に対し、発見者が適切な処置を取ることで貴重な命が救われる確率が高くなることから設置が呼びかけられている、AED。

実際、徐々に普及し始めているAEDによって尊い命が救われたという報告例は着実に増えており、その効果性が確認されています。

しかし、いつどこで起こるか分からない心停止に、たまたま居合わせた人が対応するためには、どこにAEDが設置されているのかを知っていなくてはなりません。このため日本救急医療財団は、設置に伴って「AED設置場所登録申請」を行うようにと呼びかけています

続きを読む