AEDの設置場所・登録申請について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
AEDの設置場所

心筋梗塞などで倒れた患者に対し、発見者が適切な処置を取ることで貴重な命が救われる確率が高くなることから設置が呼びかけられている、AED。

実際、徐々に普及し始めているAEDによって尊い命が救われたという報告例は着実に増えており、その効果性が確認されています。

しかし、いつどこで起こるか分からない心停止に、たまたま居合わせた人が対応するためには、どこにAEDが設置されているのかを知っていなくてはなりません。このため日本救急医療財団は、設置に伴って「AED設置場所登録申請」を行うようにと呼びかけています


AED設置場所登録申請

登録申請を行うと、AEDの設置場所として必要時にはAEDの貸し出しが可能な施設と登録され、登録証と登録マークが交付されます。

登録されれば消防局でAEDの設置場所として管理され、どこにAEDが置かれているのかが一目で把握できるようになります

こうして患者を発見した一般人が119番通報する際に、消防局から近隣のAED設置場所を教えてもらうことができ、通報後救急車が到着するまでの間にAEDを取りに行って応急処置を施すことができるようになるのです。

 

AED設置場所検索で調べられる

また、予め設置場所について把握しておきたい場合は、財団法人日本救急医療財団からHPで公開されている「AED設置場所検索」を利用すると、日本全国から知りたい地域のAED設置場所を検索・確認することができます。

 

AED設置申請の基準

さらにAED設置場所として登録するには、幾つかの基準を満たしていなければなりません。

 

1.AEDを備え、訓練を受けた人が常駐している

当然ながらAEDを備えていること、そしてそこには救命講習やAED取扱い訓練を受けた人が常駐していることが必要になります。

 

2.付近に24時間365日貸出ができること

付近でAEDを必要とする患者がでた場合に24時間365日貸出あるいは管理者等が手当に駆けつけることができること(管理者が不在の時でも鍵がかかっていない等)。

 

3.市民に公表をする同意

AED設置場所として市民に公表することに対して同意することなどが挙げられます。

 

これらの条件を満たしていれば、日本救急医療財団のHPから登録申請書をダウンロードするか、最寄の消防署で申請したい旨を伝えれば申請書を受け取ることができます。申請書に必要事項を記入し、郵送・FAX・最寄の消防署へ直接持参するか、PDFでダウンロードした場合にはそのまま電子メールで送ることも可能です。

 

登録先の市区町村によっては設置場所登録をし実際に応急手当に使用された場合に、自治体から電極パッドの助成を受けることができるなどの特典がつくこともあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

AED導入企業数700社突破!見積り満足度97%

AEDを低価格で安心したものを購入したい!

AEDを低価格で買いたい、見積りがすぐ欲しい長く付き合える会社から買いたい・・・という方へ

株式会社クオリティーは顧客至上主義を掲げ、"お客様のため"を第一に考えてAEDをインターネットで販売中!

見えない距離を縮めるために、お客様の声を真摯に受け止め、サービスを改善し続けることが大切です。AEDの導入の先にある「お客様の笑顔を守りたい」。大それた言い方かもしれませんが、お客様1人1人、AED1台1台にまごころを込めて、これからもサービス向上に努めています。「見積り満足度97%」「充実のアフターサポート」「即日発送・送料無料」「5年間保証」「お見積り・即日発行」

価格と親切対応で選ばれています。導入企業数700社突破!!

無料見積もり・資料請求

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*