AED(自動体外式除細動器)とは?設置適正に関するガイドライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
AED設置場所

近年駅や空港などで多く見かけるようになったAED。

AEDとは、日本語にすると「自動体外式除細動器」で、一言でいえばこれは心臓に電気ショックを与えることで心臓の正常な動きを取り戻すことを目的とした医療機器であり、2004年より緊急時にのみ一般人の使用が認められるようになったことから、消化器と同様必要場所に設置し、万が一の時にその場に居合わせた人が使用し患者を救うことができるようになっています。

このページでは、AED(自動体外式除細動器)の詳細と正しいガイドラインについて説明いたします。

AED(自動体外式除細動器)の詳細

AEDは日本語の「除細動器」という言葉からも分かるとおり、心肺停止状態の中でも特に「心室細動」という症状を引き起こしている患者にのみ有効な器械です。

心室細動とは心室が痙攣を起こし無秩序に収縮している状態で、こうなると心臓から血液を送り出すことができなくなり、発症から1分が経過するごとに約7~10%生存率が低下し、4分以上経過すると脳の回復が困難になります。

ところが通報から救急車の到着までにかかる時間は平均8.5分と言われており、その間何の処置も施さなければ生存率は20%以下にまで低下してしまいます。このため、救急隊の到着を待つまでの間に、一般市民でも心室細動患者に応急処置を施すとができるよう、AEDが設置されているというわけです。

 

基本的には医療行為に当たる電気ショックですが、AEDには患者の胸に取り付けた電極パッドから心電図を読み取り解析し、電気ショックを与えるべきかどうかを判断する自動機能が付いていますし、電源を入れて以降の作業は全て器械が音声によって指示を与えるため、使用者はその指示に従うだけで正しく安全に使用できるようになっているのです。

 

 

AED設置適正に関するガイドライン

2004年にAEDの一般市民の使用が認可されてから10年以上が経過した現在、全国でAED設置場所として登録されている件数は38万台を超えています

これは人口比率で見ると、該当施設にAEDの設置を義務付けているアメリカを抜いて世界トップクラスと言えるのですが、これに反して実際にAEDを使用した例は、心肺停止によって救急搬送された患者の約3%に留まっています。

 

心肺停止が予測される場所と設置場所が不適切

この原因の1つには、心肺停止患者を発見した場所にAEDが設置されていなかったということが挙げられており、つまり全国的には多くのAEDが設置されているにもかかわらず、心停止の発生場所と設置場所がかみ合っていない、ミスマッチであることが指摘されています。

このことから日本救急医療財団は、今後AEDの設置台数に着目するのではなく、効果的な設置場所とその管理に着目した戦略を勧めていくべきと判断しました。そうして発表されたのが、「AEDの設置適正に関するガイドライン」です。

 

AEDの設置適正に関するガイドライン

当ガイドラインによると、AED設置に適した場所とは単に心停止の危険性の高い人が集まる場所であるだけでなく、それを目撃する人がいる場所、つまり実際にAEDを使う人がいる場所が該当するとして、駅や空港、スポーツジムなどスポーツ関連施設、デパートなどの大規模な商業施設学校、企業、老人介護福祉施設、ホテルといった施設を具体例として挙げています

また、救急隊による迅速な処置が得られにくい場所にも設置する必要があるとして、旅客機や長距離列車、長距離旅客船などの輸送機関も該当すると発表しています。

 

ガイドラインには詳細の配置まで指示されている

更に、この「AEDの設置適正に関するガイドライン」では、設置を必要とする施設についてだけでなく、その施設内のどの位置に配置することが望ましいかについての指示も与えています。

例えば心停止後5分以内に除細動が可能な場所と考えると、片道1分以内の場所に配置されているべきことから大人が走って1分程度の間隔で配置すべきこと、あるいは高層ビルなどでは階段やエレベーターの近くに配置すべきこと、24時間365日アクセスが可能な場所として常に管理者が常駐しているか鍵をかけていないところ、更には普段から目に入る場所や目立つ看板、多くの人が通る場所など分りやすい場所に設置すること、などが挙げられています。

 

AEDの導入を考えている人は、是非このガイドラインに目を通し、適切な場所へ設置するための参考にしてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

AED導入企業数700社突破!見積り満足度97%

AEDを低価格で安心したものを購入したい!

AEDを低価格で買いたい、見積りがすぐ欲しい長く付き合える会社から買いたい・・・という方へ

株式会社クオリティーは顧客至上主義を掲げ、"お客様のため"を第一に考えてAEDをインターネットで販売中!

見えない距離を縮めるために、お客様の声を真摯に受け止め、サービスを改善し続けることが大切です。AEDの導入の先にある「お客様の笑顔を守りたい」。大それた言い方かもしれませんが、お客様1人1人、AED1台1台にまごころを込めて、これからもサービス向上に努めています。「見積り満足度97%」「充実のアフターサポート」「即日発送・送料無料」「5年間保証」「お見積り・即日発行」

価格と親切対応で選ばれています。導入企業数700社突破!!

無料見積もり・資料請求

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*